純金積立の保管方法

純金積立を行っている会社は積立者から預かった資金で購入した金を厳重に金庫に保管してる会社と、購入した金を証拠金として運用を行っている会社があります。



倉庫で保管する方法を特定保管と言います。特定保管では、金を会社の資産とは分けているため、会社が倒産したとしても積立者の資産である金は保証されます。



金を運用に使える保管方法を消費寄託と言います。この場合、金は会社の資産となり、積立者は金を買い戻せる権利を持つことになります。会社はこの資産を使って運用を行い、利益を得ることができます。利益は手数料を安くするなどで積立者に還元しています。



消費寄託の場合、会社が倒産したきときに、資産が保証されないのがデメリットですがので、経営が安定している会社を選ぶことが重要です。手数料が安いのが消費寄託のメリットですが、最近は各社を比較してもとほとんど差がないように思われます。

メリットがあまりないのであれば特定保管の会社とも思いますが、選択肢が狭まるので、経営が安定していたり、母体の大きい会社は選択肢から外さなくても良いのではと思います。





特定保管はエース交易、田中貴金属工業、石福金属興業となります。消費預託は、KOYO証券や楽天証券など含む他は全て消費寄託です。

ただし、楽天証券は、預かっている金相当の現金を他の資産と分けて管理している(区分管理)ため、リスクは軽減されているようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0