KOYO証券と岡藤商事のスプレッド含めた手数料比較

購入手数料、年会費の安いKOYO証券とスプレッドが安い岡藤商事で金を500g貯めるためのスプレッド含めた手数料比較してみました。

東京工業品取引所の記入値がずっと1gあたり5000円(2013年2月4日で1gあたり4987円)と仮定し、毎月1g積み立てていくと仮定すると、

岡藤商事では金購入時の手数料15円を含めて毎月5015円積立てることになり、15円x500ヶ月で7500円が手数料となります。岡藤商事は年会費2100円、購入手数料無料なので、42年分(500ヶ月は41年と8ヶ月)の年会費88200円が必要となります。全てを合計すると、岡藤商事だてでは合計95700円かかります。

KOYO証券は金購入時の手数料が30円なので含めて毎月5030円積立てることになり、30円x500ヶ月で15000円が手数料となります。
岡藤商事は年会費1500円、購入手数料無料なので、42年分の年会費63000円が必要となります。合計すると、KOYO証券では合計78000円かかります。

2社の純金積立における手数料比較したところ、スプレッドによる差より、年会費の差が大きく影響する結果となりました。

積立額を増やし、年数を短くすれば、結果は異なります。
13年(年会費600円の差が500g買い付けるために必要な買い付け価格7500円を上回る年数)以内に500g貯めれば岡藤商事のほうが安くなります。そのためには、毎月3.472g、(1g5000円として17360円)以上投資すれば、岡藤商事の手数料が安くなります。

※積立は1000円単位ですが計算しやすくするために設定してきます。

KOYO証券株式会社 純金積立プラン
岡藤商事 純金積立コツコツ入門

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0