金ETFの比較

日本の証券取引所に上場している金ETFを比較し、オススメ順に並べました。

純金上場信託(金の果実)
国内現物保管型の金ETFです。最低購入単価が低いです。出来高も多いため、流動性が高いです。手数料は最安とは行きませんが、総合的に考えて一番安心できそうです。

売買単位1口
価格4940円
出来高110069株
(2013.2.8)
運用手数料0.42%

SPDRゴールド・シェア受益証券
金現物に投資している金ETFです。(海外保管)

売買単位1口
価格15090円
出来高12710株
(2013.2.8)
運用手数料0.4%

金価格連動型上場投資信託
投資成果が金に連動するリンク債に投資しています。手数料が他の金ETFと比べて高めです。

売買単位10口
価格4500円
出来高13460株
(2013.2.8)
手数料0.525以内

国内金先物価格連動型上場投信
金の商品先物を投資対象とした金ETFです。日本の短期国債などへの投資を行うと同時に商品先物取引を行い、近価格に連動する投資成果を目指しています。出来高が少ないため、流動性が低いです。

売買単位10口
価格4635円
出来高310株
(2013.2.8)
信託報酬0.425

ETFS金上場投資信託
金現物に投資している金ETFです。(海外保管)
出来高が少ないため、流動性が低いです。

売買単位1口
価格14600円
出来高30株
(2013.4.9)
管理報酬0.39%

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0