投資方法別の手数料比較

1年間に10万円を金に投資した場合、投資方法別にどれだけ手数料が必要になるかを比較しました。この比較ではETFが圧倒的に手数料が安いという結果になりました。

□地金
金が1g5000円だとすると、10万円で20gとなり、バーチャージは2100円です。更にスプレッドが売り買い共に1g30円だとすると、600円がかかります。
地金をどこにも預けずに自宅で保管するのであれば、年間費用は不要です。
合計2700円

□純金積立
KOYO証券で1年間に10万円分投資したとすると、手数料は年会費1500円だけとなります。スプレッドが売り買い共に1g30円なので、600円分を手数料としてカウントします。
購入した金はKOYO証券が保管してくれているので、保管手数料はかかりません。
合計2100円

□ETF
金ETF10万円を購入するための手数料は、例えばマネックス証券の場合
10万円までは105円となります。他に運用手数料がかかります。純金上場信託の場合、運用手数料0.42%なので、年間420円が知らず知らずの間にかかります。

年間合計525円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0