金投資信託(ゴールドファンド)

金投資信託(ゴールドファンド)は、様々な方法で投資し、金価格に連動するように設計された投資信託です。

投資信託は、投資家から集めた資産を運用会社のファンドマネージャーが運用し、投資家に還元する仕組みです。ファンドマネージャーが運用するので、運用手数料(信託報酬)がかかります。

金を対象とした投資信託としては、金ETF、金鉱山株、金先物に投資するものなどがあります。信用取引によって金価格の2倍の値動きをする投資信託や、毎月分配金をもらえるタイプの投資信託など様々です。為替の影響を受けないように設計された投資信託もあります。

投資信託を選ぶ際は、純資産額が増加しているものや、信託報酬の安いもの、購入手数料の安いものを選ぶのがポイントです。
を対象とした投資信託は取り扱っている証券会社が限られているものも多いので、欲しいと思った投資信託を購入するためには、その証券会社の口座を作らなければならない場合があります。

金を対象とした投資信託について解説しているサイト
金投資信託への分散投資