サイトマップ


は、物質(コモディティ)を対象とした投資です。そのものに価値があるため、株のように価値がゼロになるリスクがほとんどありません。
また、は世界経済が混乱しているときに価格が上がる傾向にあるので、株などと一緒にバランスよく保有することで、投資によるリスクを軽減することができます。
投資する方法は、金を買う以外にも方法があります。様々な金投資の方法を紹介します。
■地金購入、現物投資
金そのものを購入する方法です。500g以上であれば購入手数料は無料ですが、それ以下だと加工手数料がかかるため、投資するためにはある程度まとまった資金が必要です。
金の価格は金相場の価格ではなく、金相場の価格に販売会社の手数料(スプレッド)を加えた価格になります。

■純金積立
純金積立は、毎月定額で金を購入する方法です。ある程度まとまった重量になると地金に交換できます。金に交換せず時価で売却することもできます。各社の年会費、購入手数料、スプレッドなどがかかります。



■金鉱株(金鉱山株)
金に関連する企業に投資することで、関節的に金に投資する方法です。株の購入手数料がかかります。




■金ETF
一定量の金に交換できる権利が株式市場に上場し、株式市場で売買できるようになったものです。株の購入手数料、運用手数料がかかります。



■金投資信託(ゴールドファンド)



■金先物取引
将来、金を買う価格、売る価格を決める取引を行うことです。実質的に金を得ることはありません。金を手にする前に売ってしまうので、証拠金で売買が可能です。つまり、手持ちの資金以上の金額の金が売買が可能です。ただし、証拠金で売買しているときに金の価格が値下がりすると、リスクも手持ちの資金以上に損することもあります。先物取引は ドットコモディティ、北辰物産株式会社などが扱っています。

■その他