テーマ:純金積立

純金積立提供会社の選び方

純金積立は、主に証券や先物を扱う会社と、非鉄金属を扱う企業がサービスを提供しています。手数料の安さで比較すると、証券会社、商品先物取引業者が安い傾向にあります。会社の規模で比較すると三井住友銀行がずばぬけており、非鉄金属企業が続きます。手数料の安さを求めるなら楽天証券、KOYO証券、岡藤商事あたりがオススメです。 安心感で見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立とは

純金積立とは 純金積立とは毎月一定額で金を購入して積み立てていく方法です。3000円から始められます。(楽天証券は1000円から) 純金積立では、毎月の積立時にそのときの金価格で積立額分の金を購入します。金価格は日々変動しているので、金価格が高くなれば購入できる金の量は減り、金価格が下がれば購入できる金の量は増えます。 これに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立提供会社一覧 (非鉄金属企業)

全体的に、証券会社、商品先物取引業者と比べて手数料が高めに設定されています。 ■住友金属鉱山株式会社 住友グループの非鉄金属企業であり、日本国内唯一の金属鉱山である菱刈鉱山を保有しています。 積立金額の0.1%がお楽しみポイントとして付与され、ポイントに応じてカタログから商品を選んで受け取ることごできます。現金換算できませんが、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立提供会社一覧 (証券会社、商品先物取引業者)

■KOYO証券 純金積立プラン KOYO証券は商品先物を扱う会社です。  ☆資本金10億円、スプレッド60円。年会費1500円。購入手数料0円。 購入金額が4762円以上の場合、購入手数料が0円、年会費1500円と安いKOYO証券が一番安いです。ゴールドプレミアムというサービスは寄託料として2%から3%が還元されていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立の換金、地金交換

積み立てた金は、地金に交換したり、売却して現金化したり、ジュエリーと交換できます。 ◯地金への交換 500g以上の積立があれば、地金として引き出せます。地金に交換できます。500g以下でも交換はできますが、バーチャージ(加工手数料)が必要となるので、おすすめしません。郵送の場合は輸送費(エース交易で2100円)かかります。 多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KOYO証券と岡藤商事のスプレッド含めた手数料比較

購入手数料、年会費の安いKOYO証券とスプレッドが安い岡藤商事で金を500g貯めるためのスプレッド含めた手数料を比較してみました。 東京工業品取引所の記入値がずっと1gあたり5000円(2013年2月4日で1gあたり4987円)と仮定し、毎月1g積み立てていくと仮定すると、 岡藤商事では金購入時の手数料15円を含めて毎月50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立の保管方法

純金積立を行っている会社は積立者から預かった資金で購入した金を厳重に金庫に保管してる会社と、購入した金を証拠金として運用を行っている会社があります。 倉庫で保管する方法を特定保管と言います。特定保管では、金を会社の資産とは分けているため、会社が倒産したとしても積立者の資産である金は保証されます。 金を運用に使える保管方法を消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純金積立の手数料とスプレッド

◇純金積立の手数料 毎月、積立を行う際に販売手数料がかかりますが、販売手数料を無料にして年会費として徴収される場合もあります。毎月の積立額によって割安な純金積立取扱会社が変わるので、毎月いくら投資するかある程度目星をつけてから取扱会社比較すると良いです。 年会費が有料の場合は、金の価格が上昇しないまま長年保有することになると、年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more